第6回フォトコンテスト 結果発表

6回目の開催となりました今回は、マリーナ会員の皆様よりも一般の皆様方からのご応募の方が多くありました。 ご応募いただきました皆様には感謝を申し上げますとともに、今後ともお気軽に作品のご応募をいただきたくお願い申し上げます。 さて、今回作品を選定する上でのテーマとして、「海という観光資源を持つ柏崎市、そしてその代表的な施設としてマリンレジャーの拠点となっている柏崎マリーナをアピールする上で適当な作品」という点に主眼が置かれ、各審査員が作品を吟味し、入賞作品11点(うち入選作品9点、最優秀作品2点)が決定いたしました。 以下に各部門の最優秀作品1点ずつと、入選作品9点の合計11作品を掲載させていただきました。 ホームページ上では画像も小さく、オリジナルの作品の迫力等が伝わりませんので、皆様にはマリーナまで直接足をお運びいただき、それぞれの思いが込められた作品を存分にご鑑賞いただければと思います。 写真は柏崎マリーナ管理棟一階の廊下にある展示スペースで展示するだけでなく、広くマリーナの広報活動に活用させていただきます。

人物部門/最優秀賞 1点

2014phptocon
  • 部門/人物部門
  • タイトル/「えー、なにこれ珍百景」
  • 撮影者/石口 忍
  • 撮影日/2014年5月11日午前8時頃
  • 撮影場所/柿崎沖 船上にて

解説

柿崎沖で釣りクラブのルアー大会を実施。 瞬間、入れ食い状態になり、その時1個のルアーに3匹のイナダがヒット。「なにこれ珍百景」状態に! 一つのジグに針4本は反則かな?  

各審査員からのコメント

一個のルアーに3匹の魚が掛かるという珍しい光景を同乗者が逃さずものにした作品。 揺れる船上で暴れる3匹の魚をぶれなくうまく捉えた。 釣り人の興奮と驚きの表情から船上の雰囲気が伝わってきて、未経験者にも「釣りを始めてみたい」と思わせるような作品。 ユニークなタイトルも見る人の気持ちを楽しいものにします。

風景部門/最優秀賞 1点

2014photocon (10)
  • 部門/風景部門
  • タイトル/「柏崎マリーナ夕景」
  • 撮影者/植木 元
  • 撮影日/2013年10月21日
  • 撮影場所/御野立公園の展望台から柏崎マリーナと東電原発方面を望む

解説

当日の日没は16時50分過ぎであり、柏崎マリーナの照明が点灯し、原発の明かりが浮き上がって来る頃合いを待って撮影した。真っ暗になる前の美しいブルーの世界を狙った。

各審査員からのコメント

日没後、あたりが暗くなる前の宵のうちを撮影した美しい作品。 長い時間、この瞬間の光景を切り取るために待ち構えて撮影した撮影者の熱意がうかがえる。 また、この時間帯にマリーナの全景を撮った作品も過去になく、新しいマリーナの魅力を引き出した意味でも最優秀賞にふさわしい作品である。

入選作品 9点

2014photocon (9)
タイトル/熱々カップル大集合 撮影者/森 基嗣 解説/定番のスポットだが、カップルがこれだけたくさん集まったのは珍しい。
2014photocon (8)
タイトル/気分爽快! 撮影者/中山 博迪 解説/ま柏崎マリンスポーツフェスタで体験乗船された人たちを撮りました。遠くに福浦八景が見えます。
2014photocon (11)
タイトル/長閑なひととき 撮影者/金子 基一 解説/ザザーンとひびく波の音を聞きながら。  
2014photocon (12)
タイトル/出港前 撮影者/谷 一行 解説/出港前のはやる気持ちで出港した。ふと振り返ると真っ赤な朝焼けが見られ、思わずシャッターを切った。
2014photocon (1)
タイトル/二人の世界 撮影者/植木 元 解説/展望台の二人が楽しそうで影絵のようにドラマチックな光景だった。  
2014photocon (7)
タイトル/ぎおん柏崎花火大会 撮影者/森 基嗣 解説/花火は何度撮っても難しい。遠くで撮るとすぐに消えるため今回は近くで撮影した。  
2014photocon (4)
タイトル/船たちの休暇 撮影者/網代 淳一 解説/シーズン前の穏やかな春の日。多くの船が陸に並べられていました。  
2014photocon (3)
タイトル/夕陽の中、花火大会に向かう船 撮影者/岡村 正雄 解説/夕日が落ちる前、複数の船が海上での花火見物に出港していった。  
2014photocon (2)
タイトル/冬の海 撮影者/金子 基一 解説/夏の柏崎の海も良いですが、冬の日本海の荒々しさも素敵です。
※入選作品の解説はスペースの都合で一部要約または省略してあります。あらかじめご了承ください。

ご覧の皆様へ

柏崎マリーナでは、たくさんの方々に「海の柏崎」の良さをお伝えするため、毎年マリンフォトコンテストを実施しております。 テーマは、「四季折々の柏崎の海の魅力を伝える作品(風景・人・モノなど)とし、マリーナ会員のみならず一般の写真愛好家の皆様からも広く作品を募集しております。 最近は高性能で比較的安価なデジタルカメラが手に入るようになり、一人1台の時代となってまいりました。 日常の何気ない海の風景や心打たれる自然の美しさなど、思わずシャッターを押す機会も多いことと思います。 また、以前から撮りためた作品など温めていた作品を世に出す機会ともなりますのでぜひお気軽にご応募ください。

■実際の入賞作品(12点)は、マリーナ管理棟1階の通路脇に1年間展示させていただく予定となっております。 ※写真の版権はコンテスト主催者に帰属します。許可なく作品の複製、または二次使用をすることはご遠慮下さい。